WordPress Popular Postsで人気記事を表示する 

スポンサードリンク

WordPress Popular Postsとは

WordPressブログのサイドバーに自分のサイトで人気の記事を表示させることができるのが「WordPress Popular Posts」というプラグインです。



インストール

メニューより「プラグイン」を選択して検索窓に「WordPress Popular Posts」と入力します。


一覧に表示された炎のようなマークが入った赤いアイコンで作者が"Hector Cabrera"です。


WordPress Popular Posts


「今すぐインストール」をクリックしてインストールしたら有効化しましょう。


設定方法

メニューより「設定」-「WordPress Popular Posts」


WordPress Popular Posts画面の上部にある「ツール」をクリックします。


WordPress Popular Posts


アイキャッチ画像

ランキングに使われる画像の設定ですがデフォルト設定で問題ありません。


データ設定

WordPress Popular Postsはアクセスデータを保存するので、大規模なサイトやアクセスが多いサイトになると重くなりますが中規模以下のサイトであれば下記の設定で問題ないと思います。


閲覧を記録する対象者 : 訪問者のみ


ログ上限 : データ保存期間 180日


データキャッシュ : キャッシュする


キャッシュ更新間隔 : 1時間


データサンプリング : 無効


その他

その他の設定はデフォルト設定で問題ありません。


設置方法

メニューより「外観」-「ウィジェット」


利用できるウィジェットの中にWordPress Popular Postsがあるので配置したいウィジェットエリアへドラッグ&ドロップします。


WordPress Popular Posts


配置した後「にWordPress Popular Posts」をクリックすると表示の設定ができます。


WordPress Popular Posts


基本的にはサイズや表示数など見た目の設定なので自分のブログを見ながらブログにマッチするようにしてゆけば良いでしょう。


ただ、1点やっておいた方が良い設定があります。


人気記事のランキングなので記事一覧やプライバシーポリシー、お問い合わせなどのページは万が一にもランキングには入ってほしくないですよね。


そういったランキングから除外したい記事をフィルター項目の「除外するID」で設定できます。


WordPress Popular Posts


こちらに除外したい記事のIDを入力します。


複数入力する場合には「カンマ区切り」で入力してください。


記事のIDの調べ方は投稿画面より除外したい記事のタイトルにカーソルを合わせると記事のアドレスがブラウザのどこかに表示されると思います。


アドレスの中にある「post=XXXX」のXXXXが記事IDになります。


分かりずらい場合は記事の編集に入ればアドレスバーに表示されていると思います。


WordPress Popular Posts


情報統計

訪問者がある程度まで増えると「設定」-「WordPress Popular Posts」の画面に統計情報が表示されます。


どの記事にどのくらいのアクセスがあったのか。


24時間以内、7日以内、30日以内などでもフィルターをかけることが出来てちょっとしたアクセス解析にもなります。


WordPressの中にあるので手軽に見れるので便利です。


スポンサードリンク

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://z0001.blog.fc2.com/tb.php/552-15f76885