2台目以降のパソコンへのプリンタドライバ展開方法 

スポンサードリンク

エクスポートとインポート

ネットワーク上にプリンターサーバーがある環境であればログオンスクリプトを使ってマウントさせることができますし、スクリプトを使わなくてもサーバーへアクセスして必要なプリンタをダブルクリックするだけでマウントすることができるので簡単です。


しかし、端末が数台しかない環境ではわざわざプリンターサーバー立てることはしないことが多いでしょう。


プリンターサーバーのない環境で新しく設置したパソコンの設定を行う際に、プラインタの設定をするとしたら……1台づつ手動でドライバの設定をしなくてはいけません。


1台や2台であればさほど面倒ではありませんが、5台くらいになってくると結構時間を取られてしまいます。


そんな時に使えるのが、必要なプリンタが設定されている端末のプリンタ情報を丸っとエクスポートして別の端末へインポートする方法です。


プリンタの設定ファイルをエクスポート

設定したプリンタ情報をエクスポートします。


コントロールパネルより「管理ツール」 - 「印刷の管理」 - 「プリントサーバー」 の端末名を右クリックしエクスポートを選択します。


プリンタ設定エクスポート


プリンタ移行ウィンドウが現れますので次へ進みます。


プリンタ設定エクスポート


次に参照をクリックしてエクスポートする場所とファイル名を入力します。


プリンタ設定エクスポート


次に進むとエクスポートが始まります、すぐに完了します。


プリンタ設定エクスポート


もしも設定をエクスポートできないプリンタがあった場合にはエラーとなりますが、その他のプリンタはエクスポートされています。


プリンタ設定エクスポート


エクスポートしたファイル名は"自分で入力したファイル名.printerExpoprt"と拡張子が「printerExpoprt」となっています。


プリンタ設定エクスポート


設定ファイルをインポートしてインストール

エクスポートしたファイルをプリンタ設定したい端末へ移します。


エクスポートした時と同じくコントロールパネルより「管理ツール」 - 「印刷の管理」 - 「プリントサーバー」 を開き端末名を右クリックしてインポートを選択します。


そして、エクスポートしたプリンタ設定ファイルを選択してインポートすれば完了です。



使えないパターンもある

家庭用のプリンタでネットワークプリンタの設定がTCP/IPで設定できないドライバがあります。


そういった、メーカー独自のポートを作成して使用されるような場合にはインポートに失敗してしまいます。


スポンサードリンク

DEPSTECH DW40 レビュー 

スポンサードリンク

デュアルマイク内蔵4Kウェブカメラ

使用用途は自宅で仕事関係のWeb会議での利用です。


個人利用なのでそれほど高いスペックの物は必要ないですが、仕事用なので最低限の条件は満たしておきたいです。


カメラに詳しくないので難しいことは分からないですが……解像度はフルHD(1080p)或いは4K(2160p)が良い。


画質が低すぎるとボケた感じになってしまいますし、8Kなど高画質すぎると通信に多くのデータ量を要してしまいますので、環境によっては逆に映像に支障をきたしてしまう。


画角は一人で使うくらいなら70度あれば十分、机に数人座って皆の顔が良く見えるくらであれば85度以上必要。


フレームレート(FPS)は30FPSあれば、動いた際などにコマ落ちすることなく安心して使える。


調べてみると以上の条件であれば問題なさそうなので、それに対応している「DEPSTECH DW40 WEBカメラ」を購入しました。


Amazonの評価では、「ノイズもなく明るく映る」「マイクの性能も良くはないが問題はなし」「画質も良く綺麗に映る」という感じで高評価が多数です。


安物のWebカメラを見限って買い替えたという人も多いようでした。


WEBカメラ 4K 自動フォーカス アップグレード三脚付き 800万画素 デュアルマイク内蔵 ウェブカメラ


仕様

  • 接続方法:USB
  • ビデオキャプチャ解像度:4K (3840 x 2160)
  • 画像キャプチャ速度:30fsp
  • 画素数:800万画素
  • 視野角:80度
  • 自動フォーカス機能付き
  • デュアルマイク内蔵


付属品

  • 三脚
  • カメラレンズカバー
  • 簡易マニュアル


DW40 WEBカメラ


付属の三脚は足の長さが約9cm伸ばすと15.5cmです。


三脚自体が軽いのでちょっと頼りない感じがしますが、テーブルの上で使う分には安定はしています。


DW40 WEBカメラ


カメラ本体にはレンズカバーは付いておらず、必要な人は後付けする感じになっています。


DW40 WEBカメラ DW40 WEBカメラ


続きを読む

EPOS ゼンハイザー PC8 USB レビュー 

スポンサードリンク

両耳用有線USBヘッドセット

PC 8 USBステレオ・ヘッドセット

自宅からWeb会議をしなくてはいけなくなり、1000円くらいのヘッドセットがあったのでそれを使って参加したところ……ノイズが入ったり、声が途切れたりするということで話がスムーズに進まなくなって大迷惑をおかけしてしまいました。
il||li_| ̄|○il||li

このご時世自宅からでもWeb会議をできる準備をしておかないと痛感しました。

仕事で使うならあまりケチってられません。

Web検索すると会話をするというレベルではヘッドホンの性能は安い製品でも高い製品でもそれほど問題は起こらないらしいが、マイクの性能は安い製品の場合はあれこれ問題が起こることが多いらしい。

んで、やっぱり多いのがノイズ、雑音、鮮明さでなかでもノイズが酷いとまともに会話ができないのでノイズキャンセリング付きの記載があるものが最低条件となるようだ。

とりあえず、自宅のみで使う用途でマイクの性能が良いことのみを重視して携帯性や着け心地は二の次でさがしてみた。

接続方法

ピンプラグ接続、USB接続、無線接続があるが値段を抑えて手軽にとなるとやっぱりUSB接続かな。

ピングラグは差し込むときにスピーカーからノイズが聞こえることがあるのでちょっと心配、高価な物じゃないと質が悪いイメージがある。

無線接続は単純にトラブルが多いイメージがあるのでやっぱりUSB接続が一番安心感がある。

装着タイプ

片耳用はズレやすいので両耳用がいいかな。

着け心地が良いものは高くなるので、長時間使用する用途じゃないしあまり気にしないことにする。

価格

評価の高い製品はやはり1万円前後しますね。

オーバーヘッドタイプだと3万円以上もざらにあります。

私は音楽関連には疎いので音楽と言えばpioneerとかパソコン系だとロジクールが一番に思い浮かぶのですが、調べているとEPOSというメーカーもよく目にします。

音質だけでなくマイクの性能の評価もよさそうで、ビジネス用途で使われている方も多い様子。

ものはPCヘッドセット VoIP PC 8.2 USBでAmazonで評価が4000近くもあり75%以上が星4と星5なので中々よさそうです。

低評価の中にマイクについてノイズや音が途切れるなどもあるが同じ症状が多発しているわけではないので初期不良の類で商品そのものの質ではないと判断できます。

値段はAmazonで9000円……楽天やYahooショッピングよりも安かったのでAmazonで購入することにしてポチっとカートへ。

が、しかし!

前モデルのPC 8 USBというのが半額の4500円であるのを見つけました。

こちらも80%以上が星4と星5の評価なので悪くありません。

マイクの性能も良い感じです。

配信などで使うにはちょっと物足りない感じみたいですが、Web会議用途であれば問題なさそうです。

他のメーカーと比べてマイクの評価が高い印象です。

付け心地に関しての低評価が多い感じですね。

Web会議で十分使えそうなら4500円のPC8 USBでいいでしょう!

そんなわけで、ゼンハイザー PC8 USBを購入しました。


PC 8 USBステレオ・ヘッドセットは、最高のステレオ音質を提供します。
パッシブノイズキャンセリンクマイ クはクリアな会話を実現します。

続きを読む

センチュリー COM35U3B6G 1分BOX レビュー 

スポンサードリンク

工具不要のハードディスクケース

センチュリー 1分BOX USB3.0 SATA6G
COM35U3B6G


ハードディスクの取り外しが簡単でネジ止めしなくても使えそうで、開閉での破損が起こりにくそうなケースを探してきました。

仕様

インターフェイス
デバイス側:SATAⅠ/Ⅱ/3.0/1.5Gbps/3.0Gbps/6Gbps
ホスト側:USB3.0
寸法:幅122mm 高さ32mm 奥行き195mm(スタンド、突起含まず)

電源連動機能付き (無効にすることはできません)
20分アクセスが無い場合にはスリープ状態になります (無効にすることはできません)
使用できるHDDの最大容量:最大で6TB

続きを読む

EPSON EP-M570T 

スポンサードリンク

エコタンク搭載プリンタ

量販店でプリンタを眺めているとちょっと変わったプリンタを発見した。

エコタンク搭載…えっ!インクの詰め替えできるプリンタが発売されてる!価格は43000円って高っ( ゚∀゚);',*;ガハ!!

コスト的にはA4カラーで0.6円、A4モノクロで0.3円で他のA4インクジェットプリンタと比較すると交換インク費用を考慮して2300ページ以上の印刷からはEP-M570Tの方がコストが明らかに低くなるようだ。

EPSON EP-M570T

インクの補充もサイドから簡単にできそうな感じ。
エコタンクの個所にあるラベルには色と「ハサミ」の文字がある…ハサミってどうゆ事だろう。調べたら「クツ」と「ハサミ」の2種類あるようなのだが意味合いはさっぱりわからんかったヽ(・∀・)ノ

EPSON EP-M570T

続きを読む

AOC E2270SWDN/11 レビュー 

スポンサードリンク

格安LED液晶モニタ

17インチモニタだけじゃ作業しづらいのでダブルモニタで使うためにパソコン工房へ見に行ってきた。
サイズやその他特に決めごとはなく、安くて手頃な物があればなんでもいいかなって感じ。入るとすぐにこれがセールワゴンに税込10500円程で並んでいた…21インチ、LED、映像入力がD-SubとDVI-D…これでいいんじゃね!

一応、中古コーナーとかも見たが20インチ以上だと中古でも8000円位するから、AOCとか聞いたこと無いメーカーだけど新品の方がいいやってことで殆ど悩まなかった(笑)

AOC E2270SWDN/11液晶モニタ

仕様

パネルタイプ:21.5インチ/非光沢パネル
音声出力:無し
解像度:1920x1080
輝度(cd/m2):200
コントラスト比:600:1
応答時間(ms):5

続きを読む