賢威8テンプレートのインストール 

スポンサードリンク

賢威8のインストール手順


今回の記事内で利用するバージョンは以下になります。
賢威8スタンダードWP版:ver 8.0.1.6
WordPress:ver 5.8


賢威のインストールの流れを記載しますが、賢威を購入すれば公式ホームページ内に正式なインストール作業手順のマニュアルがありますので、作業の際にはそちらを参照してください。


ダウンロードページからWordPress版のテーマファイルをダウンロードします。


親テーマと子テーマの両方をダウンロードしましょう。


親テーマのインストール

まずは親テーマからインストールします。


Wordpressの「外観」 - 「テーマ」から「新規追加」をクリックします。


賢威のインストール


「テーマのアップデート」をクリックして「ファイル選択」からダウンロードした賢威の親テーマのzipファイルを選びます。


賢威のインストール


「今すぐインストール」をクリックするとインストールが開始されます。


賢威のインストール


インストールが完了したら有効化しましょう。


賢威のインストール


以上で賢威の親テーマのインストールは完了です。


子テーマのインストール

子テーマのインストールをするためには子テーマ内にある「style.css」ファイルに現在の親テーマファイル名を記載する必要がありますので作業が若干増えます。


まずは、ダウンロードした子テーマのzip解凍します。


賢威のインストール


解凍したファイルの中にある「style.css」をテキストで開きましょう。


「style.css」ファイルを開き8行目付近にある「Template: keni8;」を「Template: 親テーマの名前」に変更します。




親テーマの名前はダウンロードした親テーマのzipファイルの名前になります。
(例:keni80_wp_standard_all_xxxxxxxxxxx)


FTPツールを使用して確認すると確実です。


(FTPソフトの設定に必要な情報は「サーバーアカウント設定完了メール」に記載があります。)


親テーマの場所はサーバー内の"/public_html/wp-content/themes/"です。


賢威のインストール



「style.css」ファイルの編集が終わったら解凍したファイルを同じ名前でzipファイルへ圧縮します。


賢威のインストール


Wordpressの「外観」 - 「テーマ」から「新規追加」をクリックし、テーマのアップロードを行いインストールをしてください。


賢威のインストール


インストールが完了したら有効化してください。


賢威のインストール


「外観」 - 「テーマ」より子テーマが有効化されていて、親テーマが無効になっていれば問題ありません。


賢威のインストール


以上で賢威8のインストール作業は完了です。



関連記事


スポンサードリンク


Wordpressのテンプレート選びについて 

スポンサードリンク

テンプレート選び

子テーマがあるテンプレートを使いましょう

Wordpressをインストールして最初にやっておくことを終えたら……テンプレート選びですね。


有料版や無料版がありますが子テーマが用意されたテンプレートを使用することをお勧めします。


子テーマのCSSやヘッダやフッターを編集することで親テーマを上書きします。


テーマは随時更新が必要となり、親テーマを更新する必要が出てきます。


更新すると自分で親テーマに編集を入れた部分は消えてしまうので、更新のたびに再び自分で編集する必要が出てきます。


しかし、子テーマは基本的にはアップデートしませんので、常に子テーマでカスタマイズしておけばアップデートを行っても特に何もしなくて良いというわけです。


親テーマはアップデートなどの必要がありますので、どうしても親テーマの修正をしなくてはいけないものが発生した場合には、更新の際に再修正できるように管理しておかないといけません。


情報量が多いテンプレートを選択しましょう

トラブル時やカスタマイズ時に情報を得やすいように利用者が多いテンプレートを使う方が良いでしょう。


作成者が作ったサイトは当然ですが、そのテンプレートを利用していて色々な情報をシェアしている人がいるテンプレートが最善です。


有料版?無料版?

有料版はカスタマイズ無しでもそのまま使えてSEO対策もされているがデザイン的にはありふれている。


無料版は費用が掛からないしデザインも色々とあって見た目がよいものが多いが、自分でカスタマイズしない部分が多い為に運用開始するまでに時間がかかる。


そんな印象でしたが、Wordpressのテンプレートに関しては無料版でも超有名どころだと、しっかりSEO対策されていたりプラグインを導入しなくても初期から導入されている機能が多かったりするようです。


サイトの良し悪しは最終的に記事の内容なのでこだわりがなければ無料版をそのまま使ってもいいかもしれません。


余裕が出てきたらデザインカスタマイズをしてみたり、痒い所に手が届くプラグインの導入をしてみたりしてはいかがでしょうか。


有料版テンプレートを利用するのであればメジャーなテンプレートは「賢威」や「AFFINGER」でしょうか。


私は最初は無料版テンプレートの「Luxeritas」を利用して、1年後に別サイトで「賢威」を使って運用開始しました。



やっぱり無料版は手間がかかるので、新しくサイトを立ち上げるとなると有料版にいっちゃいますね。


関連記事


スポンサードリンク

Wordpressをインストールしたら記事書く前にやること 

スポンサードリンク

環境

作業内容はXserverにWordpressをインストールして個人でサイトの運営をするためのものとなります。


環境が違う場合は都度自身の環境へ読み替えてください。


今回の内容は以下のエントリーの続きとなります。


レンタルサーバーを借りてWordpressをインストールするまで簡単にできるか試してみた!

ここではテンプレート選びやデザインカスタマイズ、プラグインのインストールなどする前にやっておくべきことを記載します。



サーバー側の設定

SSL化

SSL設定が完了していない場合は最初にやっておきましょう。


運用途中でもSSL化は可能ですが、内部リンクのアドレスの修正や"https://"へ一本化したりと作業が発生します。


また、現在はインターネットで公開するうえでSSL化されていないサイトは危険なサイトとして認識されるのでサイト運営する意味がなくなってしまいますので最初に行っておきましょう。


Xserverのサーバーパネルを開きます。


ドメインの項目のSSL設定を開きます。


Wordpressをインストールしたら記事書く前にやること


設定するドメインを開きます。


Wordpressをインストールしたら記事書く前にやること


独自SSL設定追加タブより内容を確認して次へ進みます。
「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」チェックはチェックしなくて良いです。


Wordpressをインストールしたら記事書く前にやること


追加します。


Wordpressをインストールしたら記事書く前にやること


続きを読む

初めてのレンタルサーバー(エックスサーバー) 

スポンサードリンク

レンタルサーバーを選定する

本記事は2021年8月時点での内容となります。


選定については少し長いので、手続きを知りたい方は事項の「レンタルサーバーを契約する」まで飛んでくださいね。


レンタルサーバーを借りてワードプレスをインストールしてサイトを作るのは簡単だと聞いたのでやってみることにした。


一応、お遊び感覚ではなくきちんとサイト運営をしてアフィリエイトや広告収入を獲得することを目的をします。


レンタルサーバーといっても会社が色々あるし値段もピンキリですし取り扱えるコンテンツに制限もあったりします。


コンテンツに関してはアダルトでなければあまり気にすることはないかな。


ひとまず簡単に……今回は初心者がアフィリエイト目的のサイトをWordpressを使って構築するためにレンタルサーバーを借りるということで探しました。


アフィリエイト目的なのでSSL化できないとセキュリティの信頼性がなくなるので独自SSL(HTTPS)付きは必須。


Wordpressを使うのでPHPが使えて速度が速いのとMySQLが動いて複数登録できるのとデータ転送量の上限が多いのが好ましい。


とはいえ、初心者が作るサイトなのでそうは簡単に一日に何万人もの訪問客があるようなサイトにはならないので、それほど高パフォーマンスな性能はいらない。


が、すぐ落ちるとか速度の問題が発生しやすい口コミの多いものは避けたい。


価格の上限は一か月1500円(年18000円)くらい。


何故に一か月1500円くらいかというと、やっぱりアフィリエイト目的ならドメイン取得も必要なので、ドメインの更新料金が平均1500円(/年)なので、年間20000円くらいなら趣味として消えたとしても問題ないかという考えです。


無料レンタルサーバーも広告表示があるくらいなので良いのですが、常時SSL非対応であったり、Wordpressは使えるけど遅い(遅いというレベルはどのくらいかわかんないです)という意見聞くので、遊びではなく一応成功を目指しているということで有料版を借ります。


ネットで評価の良いレンタルサーバーを探してみたところ。


「さくらのレンタルサーバー」「エックスサーバー」「ConoHa WING」「ロリポップ!」の名前がよくあがている。



なかでも、次の2つが評価が高かく「ConoHa WING」がサーバー応答速度が優秀で月額料金も比較的安め、「エックスサーバー」がPHPの処理速度が速く、サーバーのメモリ容量も多めで、データ転送量も多いので100万PV規模のサイトでも安心とのこと。


調べた感じでは以上な感じだが……ついでにデザイン関係の仕事をしている友達と、アフィリエイトサイトを運用中の友達にも意見を聞いてみた。


まず、デザイン関係の仕事をしている友達に聞いたところでは速度、トラブルレスという意味で仕事では「ヘテムル」を使うことが多いようだ。



アフィリエイトサイトを運営している友達は「さくらのレンタルサーバー」は安くていいけど遅さが気になるから「エックスサーバー」を使っているとのこと。


また、「エックスサーバー」はネットでの情報も多いから調べ物をする時に探しやすいしエックスサーバーのヘルプも結構役に立つのだとか。


なるほど。


更にネットで調べてみると、「エックスサーバー」は利用者が多いのでネットでの情報量が多いのも利点だというのを見かける。


「エックスサーバー」の利用料金は……一番安いX10プランで1か月1320円(最低3か月プランなので1320円x3か月の3960円から)で予定予算内だし3年契約すれば月々990円と結構安くなる。


個人レベルのサイトであればX10プランで十分すぎる内容だということも分かった。


そんなわけで、予算OK!最低条件も揃っている!友達が使っているので色々聞きやすい!てなわけでレンタルサーバーはエックスサーバーにした。


あと「エックスサーバー」では「SQLデータベース 無制限」「マルチドメイン及びサブドメインが無制限」なので複数サイトを立ち上げることも追加費用なしで可能だ。


また、期間限定ではあるけど「ドメイン永久無料」のキャンペーンをやっていたのでドメインの取得をする必要がなくなり、ドメイン取得や更新の費用負担もなくなったのである( ̄▽ ̄)ノ


続きを読む