Chromeを使っていると勝手に半角に切り替わってしまう 

スポンサードリンク

仕様でも設定でもなくバグ

最近、全角入力だと思っていたら半角入力になっていて打ち直しということが多い印象があった。


良く切り替え忘れをするので最初はきにしていなかったが……Chromeでさっきまで確かに全角で入力していたはずなのに突然半角に変わっているということに気づいた。


何かするたびに半角に戻ってしまうようだ。


Chromeがアクティブじゃなくなるとなるのか?


いやそうでもない。


Chromeのタブを切り替えるとなる?


ならない。


新規タブを追加すると……なった!


元のページへ戻っても半角のままだ。


なにか仕様変更があったのかと思って調べてみるとすぐにヒットした。


どうやらChrome 92にアップデートされた際のバグのようで、以前にも同じことがあったらしい。


新しいタブを開いたりアドレスバーをアクティブにした際にも起こるようだ。


新規タブを開くとアドレスバーがアクティブになるので同じことなのかな?


また、Edgeでも同じバグが発生している模様。


Firefoxでも試してみましたがFirefoxは同じバグは無いようでした。


7/24にアップデートがあってかれこれ3週間以上たちましたがまだ不具合修正には至ってないようですね。


参考記事:情報科学屋さんを目指す人のメモ


バグであれば何もできないので早く修正されることを祈ります。


スポンサードリンク

Mozilla Maintenance Service とは? 

スポンサードリンク

UAC回避ツール

FirefoxをインストールするとMozilla Maintenance Serviceというアプリケーションも同時にインストールされます。
セットアップ時にインストールの有無の確認はなさそうです。

Mozilla Maintenance Service

Mozilla Maintenance Serviceって何のためにインストールされているか?

調べてみるとMozilla Supportに説明がありました。
URL:Mozilla Maintenance Service とは?(Mozilla Support)

続きを読む

Firefox32bitから64bitへ切り替え方法 

スポンサードリンク

64bit対応Firefoxを使おう!

Mozillaは2015年12月15日にFirefoxのバージョン43.0のリリース開始し、Firefoxの64bitに対応しました。

64bitWindowsでもGoogleで検索してFirefox をダウンロードって所へ飛んでダウンロードしてインストールすると32bit版がインストールされちゃうんですよね。(2017年3月現在)

Firefox32bitから64bitへ切り替え方法

今年に入ったくらいからか何だかFirefoxの動作が重くて、履歴の削除や使ってないアドオンの削除、Firefoxのリフレッシュ、設定変更などをしてみたけどもあんまり状況は変わらず…Google Chromeをメインにして使ってました(笑)

それでもちょこちょとこなんとかならないか調べていると64bit対応のFirefoxをインストールすればサクサクになるってのを見つけた!32bit版はインストールした状態で64bit版をインストールして、64bit版が正常にインストールできたのを確認してから32bit版をアンインストールするという上書きインストールをすればよいらしい。
しかもブックーマークや設定も引き継がれるみたい。

念の為、現状のバックアップはとっておいて64bit版の上書きインストールをやってみました。

続きを読む

FirefoxでGoogle検索を開くと安全じゃないとエラーになる!? 

スポンサードリンク

カスペルスキーの証明書の問題

FirefoxでGoogle検索しようとGoogleを開くと「安全な接続ではありません」とエラーになって開けない…

FirefoxでGoogle開くとエラー

アドレスも間違っていないしいつものGoogle検索ページだから安全なのは間違いないはずだ。

mozilla supportによると
安全な接続がされているウェブサイト (URL が "https://" で始まるサイト) では、そのウェブサイトにより提示されている証明書の正当性を Firefox が検証します。証明書が検証できない場合、Firefox はそのウェブサイトへの接続を中止し、代わりに「安全な接続ではありません」というエラーメッセージを表示します。
ということで、どうやらセキュリティソフトが発行している証明書がない場合にこのメッセージがでるようだ。

結論から言うと私の場合はFirefoxのリフレッシュを実行後に自動起動したFirefoxでGoogleに接続しようとしたらこのエラーになった。リフレッシュ直後なので証明書が無い状態だっただけみたいで、Firefoxを再起動したらカスペルスキーの発行する証明書を自動でインストールしたのか何の問題も無くGoogleを開くことができた(笑)

続きを読む

Firefoxをリフレッシュ! 

スポンサードリンク

プロファイルフォルダの整理をする

Firefoxの性能改善として「Firefox をリフレッシュ」があります。
Firefoxのレスポンスが悪い場合や動作に問題がある場合にはリフレッシュを実行することで改善することがあります。私の場合は過去に動画再生時に頻繁にクラッシュするという症状の際にリフレッシュを実行することで改善されました。

リフレッシュを実行してもCookieや閲覧履歴などは消えないのですが、Firefoxオプションでの設定やアドオンは削除されてしまいます。特にアドオンを多用している場合は注意です。
といってもインストールをしなおすしか手はなさそうなので、利用しているアドオンのリストくらいは作成してからリフレッシュを実行しましょう。最悪の場合に備えてプロファイルフォルダのバックアップも取っておいた方が良いでしょう。

エントリー:Firefoxのバックアップ方法

続きを読む

Firefoxのバックアップ 

スポンサードリンク

バックアップはRoamingのProfiles

Firefoxの設定やアドオン、ブックマークなど全ての必要なファイルはProfilesフォルダの「xxxx.default」というフォルダへ保管されています。
ですので、そのフォルダのバックアップさえとっておけばどんな違うパソコンでもフォルダの中身をコピーすればすぐに同じ状態で使い始めることができるので楽ちんです。(※Windows間でしか試したことはありません。)

自分の為した限りではブラウザのバージョンが違っても問題ありませんでしたが、余りにバージョンが違いすぎると色々不都合が起きるかもしれません。

で!いつも迷うのがProfileフォルダの場所です。実はFirefoxをインストールするとAppDataフォルダ下のLocalフォルダとRoamingフォルダの両方に「Mozilla\Firefox\Profiles」という階層ができます。

当然どちらも同じ内容ではなく、Localフォルダはキャッシュの保管場所、Roamingフォルダが設定などの保管場所となります。

スポンサードリンク


バックアップ対象フォルダ

Firefoxのバックアップを取るフォルダ

Windows Vista以降のOS
%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxx.default

Mac OS X
~/Library/Thunderbird/Profiles/xxxx.default

いくつかxxxx.defaultフォルダがある場合は一番日付の新しい物が現在利用中のものです。

Firefoxからも開ける!

Firefoxのヘルプのトラブルシューティング情報からもプロファイルフォルダを開くことができるようです。

Firefoxのバックアップ

関連記事

  • Firefoxをリフレッシュ!