iPhoneの「利用可能なWi-Fiネットワーク」が邪魔! 

スポンサードリンク

「利用可能なWi-Fiネットワーク」のお知らせを消す方法

iPhoneの画面に表示される「利用可能なWi-Fiネットワーク」邪魔ですよね。


「利用可能なWi-Fiネットワーク」


少し前まではあまり出なかったので我慢してましたが、最近頻繁に出てくるようになってしまった。


何か設定触ってしまったか?アップデートの兼ね合いか?


調べてみると「設定」の中の「Wi-Fi」から簡単にオフにできるようなのでやってみました。


まずは「設定」の中の「Wi-Fi」を開きます。


真ん中あたりにある「接続を確認」を開きます。


「利用可能なWi-Fiネットワーク」


これを「オフ」にすれば完了!


「利用可能なWi-Fiネットワーク」


なぜ頻繁に出てくるようになったのかは不明ですけど、これでウザイお知らせを見ることがなくなります。


……が、しかし!?


続きを読む

超危険!iPhone5Sのバッテリーが膨らんできたから交換してもらう。 

スポンサードリンク

爆発の可能性あり?


iPhone5SはWi-Fi接続でゲームをするくらいなのだが、最近やたらと機体が熱くなる。

今日はふとスマホを側面から見ると……内部が膨れ上がってる!?

iPhone5Sバッテリー交換

スマホや携帯電話は小型だがバッテリー不具合で爆発すると大事になる。

以前職場でiPhoenのバッテリー交換を自分でやってた人が居たのでやり方を検索してみたが……できそうだが、面倒。

携帯修理屋さんでバッテリー交換はいくらするのかと調べてみるとiPhone5Sなら5000円くらいでできるみたいだった。

意外と安い?

次の土曜日にでも予約して行くことにする……あれ??

iPhone5Sの中古の記事が目にとまった、そこには「iPhone5S中古で3600円」なんて書いてある。

バッテリー交換より中古買う方が安いのか!?

iPhoneって中古でも高いイメージがあったので考えもしなかったが、iPhone5Sくらい古い機種だと結構安いみたいだ。

中古のiPhone5Sの価格を調べてみるとネットだと4000円前後、店舗だと6000円くらいな価格帯だった。

どうするか……。

バッテリー交換の価格を調べ直してみると、神戸の元町の修理屋さんで2000円でバッテリー交換ができるみたいな?

待ち時間が120分ってのがちょっと長いけど、一応電話で問い合わせてみた。

すると、確かにバッテリー交換は作業費も込みで税込み2000円と、待ち時間は今日なら30分くらいでできますよってことですぐに向かった!

続きを読む

iPhoneのLive Photos 

スポンサードリンク

前後1.5秒動画写真

iPhone 6s/6s Plusから搭載された「Live Photos(ライブフォト)」はシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつの3秒間の間の映像と音声が保存される写真です。

カメラ上部真中の二重丸に点線が被さったアイコンをタップすることでオン、オフの操作ができます。

Live Photos

ボタンを押す前の1.5秒も撮影対象になるのでボタンを押す前からiPhoneをしっかりと固定させとかないとぶれてしまいます。

使ってみると「おぉ!すごいな!」って思うんですけど…どういう時にLive Photosを使うのかちょっと思い浮かびません( ゚∀゚)・∵. ガハッ

撮影したLive Photos写真は普通の写真や動画と同じくiPhoneのカメラロールへ保管されて、写真を指で押しこむと押している間再生されます。

iOS10からはLive Photos写真も編集ができるようですが、編集できるのはフィルターや明るさ変更などの写真としての編集のみになります。

Live Photos写真をパソコンに取り込んでみましたが、普通のjpg写真として保存されます。

調べてみるとLive Photos写真が動くのは現時点ではApple製品だけのようですが、「Lively」というアプリを使ってLive Photos写真をGIFアニメや動画に変換することが可能なようです。

続きを読む

iPhoneのカメラロールで動画編集 

スポンサードリンク

アプリ無しでトリミング

トリミングできると言っても、動画内の一部分だけカットするという事はできなくて、前後の不必要な部分をカットすることくらいしかできません。

でも、iPhoenで2分くらいの動画を撮って、その中で10秒くらいだけをFacebookなどにアップしたいなって時にはとても便利です。

使い方も必要な部分をカーソルを移動させて囲むだけなので簡単で楽ちんです。

スポンサードリンク

 

使い方

カメラロールの動画をタップします。

画面下部にある三本線の上に丸が入った編集ボタンをタップします。

iPhoneのカメラロールで動画編集

次にフィルムロール部(再生したらカーソルが動いていくバーの所)の端を押したまま移動させます。

iPhoneのカメラロールで動画編集

後は開始場所と終了場所を決めて「完了」をタップします。
再生ボタンを押せばトリミングする部分だけの再生もできるのでトリミング前に確認もできます。

iPhoneのカメラロールで動画編集

保存方法はオリジナルの上書きか新たな動画として保存するかを選択もできます。

iPhoneのカメラロールで動画編集

慣れれば1分くらいで必要な部分だけの動画を作成できるから便利です!

iPhoneのメモアプリのバグ 

スポンサードリンク

変換したら文字が消えたぞ!

iPhone標準搭載のメモアプリだが、WindowsでWebブラウザからiCloudへアクセスして利用することもできる。
しかし、ブラウザでの利用では日本語入力をすると変換でバグるようだ。

メモアプリバグ

半角英数字を入力する分には何の問題もない。

メモアプリバグ

解決策が無いかと調べているとどうやら2014年位にすでにこの現象が起こっておりアップデートで治ったとかいう記述もあったが2017年現在も健在なバグである( ゚∀゚)・∵. ガハッ

症状

日本語入力して変換まではできるが確定すると文字は消えて改行が入る。(2回目のエンターで消える)

ブラウザによって状態は違うようで

Chrome、Safariエンターキーを押すと消える
Firefox、Internet Explorer11は正常に変換できる

続きを読む

Apple iPhone SE レビュー 

スポンサードリンク

iPhone SE ゴールド 64GB

仕様

  • サイズ:123.8 x 58.6 x 7.6 mm
  • 重量:113g
  • OS:iOS10
  • CPU:64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ/M9モーションコプロセッサ
  • カメラ:12メガピクセル
  • Retinaディスプレイ
  • Touch ID:指紋認証センサー

付属品

  • ヘッドフォン
  • ACアダプタ
  • Lightningケーブル

iPhoneの機種変更

iPhone 5sからの機種変更になります。

ディスプレイサイズ4インチも変わらず、外寸も全く同じ、重量も1gしか変わらないのでケースを付けて覗き見防止フィルターを付けると機種変更したことなんて誰も気づきません( ゚∀゚)・∵. ガハッ

iPhone 5sの時はどうせアプリなんかそんなに使わないしとか思って16GBを選択しましたが、あっという間に容量不足になってやりくりが大変だったので今回は64GBにしました。

性能自体には不満はなく快適に使えてましたが、同じアプリを使い比べてみたりするとやっぱりiPhone SEの方が動作がかなり速くてびっくりします。

CPUのA7とA9の性能の違いなのか(σ・∀・)σ

そういえば、iPhone 5sの時には時々アプリが突然落ちたりすることがあったけどメモリが1GBから今回は2GBになったのでそういう事も少なくなるかな。
続きを読む